秋は肺に注意!その理由と対処方法。

こんにちは。ひんやりとした風と金木犀の香りにセンチメンタルな気持ちが高まってきております。

過ごしやすいこの季節ですが、東洋医学の考えでは、季節によって影響されやすい身体の機能がそれぞれ異なると言われています。

最近呼吸がしづらくないですか?

便秘や下痢などお腹の不調はありませんか?

東洋医学の基礎となる考えに 『五行説』 があります。

古代中国で唱えられていた自然哲学の思想のことで、万物は木・火・土・金・水に分類された元素からなる。。。という考えにもとづきます。

季節は 春・夏・土用・秋・冬に分類され、身体は 肝・心・脾・肺・腎 の五臓に分類されます。

そこで秋に影響される五臓は 『肺』 です。

引き起こしやすい身体の不調は、

呼吸不全、鼻水、鼻詰まり、咳、アレルギーなど。

更に肺と経絡で繋がっている『大腸』にも影響がでやすいそうです。

セルフケアとしては、肺と大腸は水分調整・代謝に関わるので、のどや皮膚、腸を乾燥させないように水分を取り潤いを与えましょう!

オススメの食べ物は、白くて辛い物、ヌメリのあるもの、皮があるもの、

きのこ 長ねぎ 大根 れんこん 玉ねぎ もち きび 生姜 シナモン 海藻 などです。

当サロンのオススメのマッサージメニューは、

☆☆『腸セラピー』 『オイルマッサージ』☆☆

お腹やデコルテ、背中を緩めることで呼吸も楽になりますよ♪

ちなみに肺に関係する感情は『悲しみ』です。

物悲しくなるのもこのせいなのかなぁ~^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です