腸セラピー/チネイザン

心と体の様々な症状が現れる腸。バーンラックでは創業以来施術の核として腸セラピー/チネイザンの施術に取り組んできました。

腸セラピー/チネイザンとは

チネイザンとは古代中国で生まれた気功療法の一つです。別名は、氣内臓療法。文化大革命後の中国ではあまり施術が行わていませんが、その技術や考え方がタイに渡り広く応用され、施術されています。

お腹に感情が現れる!?

東洋医学では、臓器にはさまざまな感情が宿り、臓器と心は密接につながっている、と考えられています。

例えば、肝臓は怒り、腎臓は恐怖、肺は憂うつなどと繋がっています。ネガティブな感情だけではなく、肝臓は優しさ、心臓は喜び、脾臓はおおらかさなど、ポジティブな感情ともつながっています。

腸内フローラ

一方、現代医療では腸内フローラの重要性に注目が集まっています。

フローラとは植物群集、花畑の意味です。腸内には細菌がグループを作って棲みついていて、電子顕微鏡で見るとその様子が花畑のように見えることから腸内フローラ(腸内細菌叢)と呼ばれるようになりました。、腸内フローラは一人ひとりで異なっており、同じ腸内フローラを持つ人間はほかに存在しないと言われています。

腸内フローラが様々な生活習慣病やアレルギー、精神状態にも影響を与えるという研究が進んでいます。

日々変化するお腹の表情

実際、お腹の様子とは、固くなったり、力をなくしたり、または弾力をもったり、日々表情が変化するものです。

体調の影響は勿論、ストレス等の感情が大きく影響を与えている事も事実です。一度ご自身のお腹を観察してみてください。

整体法の腹部操法

実は日本においても古くからお腹の施術、観察法は実践されています。伝統的な整体法においては腹部操法として実践されています。施術者によってはお腹の施術しか行わない方もいるほどです。

バーンラックの腸セラピー

バーンラックではタイで行われているチネイザンの手技と整体法の腹部操法のアプローチ。両方を取り入れた施術を行っています。中心スタッフの施術経験は1万件以上です。優しく、深く、お腹の調整点にアプローチしていきます。

様々な心と体の悩みに。

腰痛、便秘、冷え性、胃腸の不調はもちろん、自律神経の乱れ等の心の滞りにも。一度、バーンラックの腸セラピー/チネイザンをお試しください。